転職の背景にあるもの

看護師が仕事を辞めていく、仕事を変わっていくことの背景にはどのようなものがあるのでしょうか。おおまかに三つの側面から見ていこうと思います。

【7対1看護と看護師の流れ】
現在、多くの病院では看護師が足りないまま勤務を回している状態です。この原因としてよく上がっているのが「7対1看護制度」です。2006年に始まったこの制度によって各病院ともそれまでより多くの看護師を必要とするようになりました。そのため病院間で看護師の争奪戦が起こり、地方から都会へ、中小の病院から大病院へという看護師の流出が起こります。

また、最近では看護を学ぶ学生の流れが専門学校から看護大学へと変化しています。これは学生の高学歴志望だけでなく看護大学の方がより深く総合的に看護を学べるというメリットがあるからです。以前は地方の病院が自前の看護専門学校を持っていて、そこから新人看護師や看護助手を確保することができていましたが、現在では看護大学の増加から専門学校が減少し、それも難しくなっている状態です。さらに看護大学を卒業した生徒は先端医療を学ぶために都会の大きな病院を目指すという流れになっており、地方や中小の病院はやはり看護師を確保しにくい状態に陥っています。

一方、都会の病院はそれで安泰だったというわけでもありません。忙しい都会の病院では連日の激務に看護師が疲弊し、せっかく入った看護師が次々と離職している現状があります。同時に都会には病院も多く、一度離職しても次の転職先がすぐ見つかるという状態で職場を転々とするジプシーナースまで現れている状況です。

【看護師に要求されるものの多様化】
今では深夜など病院の診療時間外でも少し探せば診てもらえる病院がすぐに見つかります。夜間や休日に体調を崩しても気軽に病院を利用できるので患者としてはとても便利です。しかし、こういった時間外診療は本来重篤な救急患者のためのもので「ちょっと鼻水が出るから」とか「少し気分が悪いから」といった程度の軽症患者を対象にしてはいません。しかし、今では24時間営業のコンビニなども多くあり、利用者としては「いつも開いている便利な病院」という認識にあるようです。こういった軽症患者の救急外来利用は「コンビニ受診」と呼ばれ、病院の業務を圧迫するものとして問題視されています。さらに、病院に対して理不尽な要求を押しつけてくる「モンスター患者」の問題もあります。

このような自分勝手な患者は医療を一般のサービス業と同じようなものと勘違いしていて、看護師も客商売だと思い込んでいます。しかし、看護師の本来の仕事は患者へのサービスではなく患者の回復のサポート役です。看護師は医療者として患者のケアを行いながらも同時にモンスター患者やクレーマーの対応もしなくてはいけない状態にあり、その負担はますます大きくなっています。

【ストレスの多い職場】
看護師の職場では単に業務が忙しいだけでなく、人間関係上のストレスも過酷です。しかも小さな間違いも許されない仕事であり、看護師の精神的負担は相当なものと思われます。実際、ストレスを原因としたうつ病や適応障害といった心の不調を理由に職場を去る看護師も少なくありません。看護師のストレスを減らし、仕事にもゆとりを持てるような体制づくりが求められています。
ストレスを溜めこまないようにこんなサイトを覗いてみてもいいかもしれませんね。⇒http://medical-counselor.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です